投稿者:

電話占いで疑似対面鑑定

電話占いは、相手の声をその場で占い内容を聞く事が出来るので、疑似対面鑑定が可能となり、利用される人が増えたのだと予想されます。

インターネットでも多くの広告を見ますし、雑誌でも電話占いの広告が沢山出ている事を考えると、間違いなく電話占いの需要があって、占いの主流となっていると読み取れます。

そして、電話占いを後押しさせたのは、持ち運びの出来る携帯電話が普及した事が大きく、若い人たちを中心に、利用される方の輪が広がっています。

以前までは固定電話でないと利用できない時期もあったようですが、一人暮らしの固定電話利用率が低いことや、家族と一緒に住んでいる方が多いということから、携帯電話を使い、場所を選ばず何処からでも利用できるのが最大の理由だと思われます。

人によっては、相手の顔を見ずに相談できる事や、深夜でも気軽に電話占いを使えるのがメリットと言われる方もいますので、24時間体制で悩みを聞いてくれる存在が、最大の利点となっているのかもしれません。

日本は信仰心の薄い国ですから、もしかすると電話占いと言うのは、その代わりに欠かせないのかもしれませんね。

しかし、匿名で利用する事や、お互いの顔が見えないということから、トラブルも多いようですから、気を付ける必要もありそうです。

広告